不動産管理会社で働くにはどんな資格が必要?

>

不動産業界で働く魅力

この記事をシェアする

宅地建物取引士

「宅地建物取引士」は通称「宅建」と呼ばれています。
「宅地建物取引士」の試験を受け、合格すると都道府県知事の登録を受けて、宅地建物取引士証を受けとることが出来ます。
それによって資格を持っていると証明することが出来ます。

不動産業界には、知っておいた方がよい多くの法律が存在します。
「宅建」の取得者は、不動産の取引の専門知識を持っていると認められるので、土地などの売買、仲介を行う際には「宅建」の資格保有者が「重要事項説明」を行うように義務付けられているそうです。

「宅建」は国家資格で、不動産業界で働くうえで、大変有利になるために、会社に入社後や入社前から勉強して取得を目指す人が多くいます。

また、宅建保持者には、給与の中に資格手当と呼ばれる手当が付く場合もあるようです。

マンション管理士

不動産、ここではマンションを管理する管理士の資格として「マンション管理士」の資格を見ていきましょう。

マンション管理士の仕事は、マンションを維持し管理するために、その管理組合を対象として、アドバイスなどコンサルティングを行います。

「マンション管理士」の資格を持っていなくても、上記の仕事をするうえで支障はないのですが「マンション管理士」の資格は取得が難しいため、保持しているとマンションの管理について専門的な知識を持っている、と証明することが出来ます。

「マンション管理士」の合格率は10%以下ととても低く、取得するのはかなり難しいそうですが、取得していると、自分の実力を示す証となるため、管理組合側から「マンション管理士」の資格保持者に相談がくることも多くあります。


トップへ