不動産管理会社で働くにはどんな資格が必要?

>

不動産管理会社の仕事

この記事をシェアする

入居者対応

不動産管理会社では、受け持った不動産(例えばマンションなど)に住んでいる方から、家賃を回収したり、家賃滞納をしている方に対して催促をしたりします。

また、入居者の方々から寄せられる様々な要望、クレームの対応をします。

クレームはいろいろな内容のものがあるようですが、一般的に騒音の問題、部屋の設備が故障したとの問題が多いそうです。

また、入居者が退去する際に、オーナーの代わりに立ち会いをするのも不動産管理会社のお仕事です。

入居していた部屋が修繕が必要な場合、その原状回復費用を、入居していた方に支払ってもらうもお仕事の一つです。

また、賃貸の契約は多くの場合2年契約のために、その期間が過ぎると契約を更新する必要があります。
そういった業務を請け負うのも不動産管理会社の仕事です。

その他

また管理している不動産に空室が出た場合には、新しい入居者を探すためにさまざまな広告活動を行います。

店舗内にチラシを置いたり、インターネットのサイトに掲載したり、フリーペーパーに掲載をお願いしたり、また近くの仲介業者に客付けのお願いをしたりします。

実際に、その部屋を見てみたいという入居希望者が出た場合に、部屋を案内するのもお仕事の一つです。

また、はっきり入居希望者が入居を希望した場合には、賃貸借契約を締結します。

以上、さまざまな仕事内容を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
ただ、不動産管理会社で働くのに基本的に資格は必要ありません。
しかし、今後のキャリアアップを考えますと、今まで見てきたような資格を持つことによって仕事の幅が広がる可能性があると思います。


トップへ